TOP

438707105_d2acff3c9f

ガネージュでは 「自分たちの手でちゃんと育てられるようになりたい」 とお考えの飼い主様に「犬のしつけ方」をアドバイスさせていただきたいと考えています。

オスワリやオテなどは上手にできるのにいつまでも甘噛みが直らない、トイレが上手にできない、お散歩で引っ張ってしまう、飛びつき癖がひどいなどワンちゃんの状態や飼い主様の思いは様々です。
ですからガネージュのしつけ教室はカスタムメイド! 飼い主様とワンちゃんの状態に応じて必要なカリキュラムをやります。

● 叱るとさらに興奮してしまうワンちゃん
● 自分たちの気持ちを伝えたいけど、どうすればいいのかわからない
● こんなに一生懸命にやっているのにいうことを聞いてくれない、わかってくれない
● いけないことをした時の対処の仕方がわからない
● いけないことをやめさせなくちゃ!叱らなくちゃ!と、最近は叱ってばかりで犬と一緒にいても楽しくない
● どうすれば信頼関係が築けるのかわからない
● いくら叱っても問題行動が直らない
● 犬になめられてるんじゃないか(上下関係ができていない)と感じている
● できるだけ早く落ち着いた犬に育てたい

こんな方はぜひ一度お試しいただいて、アドバイスの内容をしっかりと実践していただければ、これまでの生活を一変させられると思います。

2360248273_2aeed3de48_m

人も楽しく、犬はもっと楽しく

何を教えるにしても基本はこれです。
問題行動の矯正をやっている時でさえも、これを忘れずにやっていきたいと思っています。
(お互いがどうすれば楽しく過ごせるのかを考えるのは、飼い主さんが慣れるまではちょっと難しいかもしれませんが、しっかりとフォローしますから安心してください。)


犬のすべてを受け入れる

犬が100匹いれば、100通りの性格があります。
吠える、噛みつく、甘える、怒る、怖がる、舐める、穴を掘る、飛びつく、引っぱる、散歩好き、出不精、犬嫌い、人嫌い、社交的、様々な個性を持っています。
まずはその子のすべてを受け入れ、犬という生き物を理解してあげて下さい。
そして、しつけをすればすべてが解決するわけではないこともわかってあげて下さい。
「なぜそんなことをするの?」と理解に苦しむ行動も多々あります。
疑問に思うのは当たり前です
人間とちがうことをするのは、犬だからです。


人間の力を誇示しない(犬の気持ちも尊重してあげてください)

飼い主がリーダーシップをとることは大切ですが、力ずくで従わせることではありません。
人間のほうがはるかに高い知能とたくさんの経験と知恵を持っています。
現時点のあなたは、犬をしつけるためにその知能と知識が生かしきれていないだけなのです。
犬をしつけるためには力ではなく知恵を使えるようになりたいと思います。
そして、人間にだけ都合のいいしつけ方はしない。
お互いが幸せになれる方法が何かを考えてあげてください。


道具に頼りすぎない

犬のしつけ用にと謳われた道具がたくさん売られています。
正しく使えば効果はありますが、それでは根本的な解決にはならないこともあります。
それを使わなくても上手にできるようになることを目指しましょう。


すべてのごほうびを使いこなせるようになる

ごほうびにはたくさんの種類があります。
犬の性格や、その場の状況などに応じて最適なごほうびをつかいこなせるようになりましょう
そして、あなた自身が最高のごほうびとなれるように信頼関係を築いていきましょう。


問題行動の修正は原因を把握する

「イケナイ事をしたら叱る」というやり方だけでは、解決できないことがあります。
その行動には必ず理由(動機)があります。
原因を理解しない限り、叱るだけでは問題は解決しません


フェアにね!

犬にしてみればきっと、やりたいようにやっているのが幸せなのかもしれません。
でも、人間社会で共存する以上おぼえてもらいたいルールがあります。
犬を育てると決めたからには、飼い主にはそのルールを教える義務があると思います。
どうすればいいのかをちゃんと教えていないのに、人間にとって都合の悪いことをしたら叱るのはフェアじゃないと思います
ちゃんと教えれば犬はおぼえます。


しつけ + 訓練 (理想は高く!!)

「オスワリ」という指示を出せば上手におすわりできるという、人の指示に従うことは大切なことですが、いちいち指示を出さなくてもその場の状況に応じて行動できるようになるとすごいですよね。
その逆もまた然り、「イケナイ」っていう言葉を使わなくても済むようになればきっともっと楽しいはず。
完璧にはできないかもしれないけど、たくさん経験を積むことで近づけることを目指したいと思います。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。